岡山県青果物販売株式会社
 
足守メロン
郷土を代表する果物の女王

足守」のメロン
足守のメロン
足守のメロン
足守地区は全国でも有名な温室メロンの産地で、郷土を代表する産物のひつとなっています。
実が熟する頃、温室のなかではメロン特有の上品で甘い香りでいっぱいになり「果物の女王」として全国に出荷されます。
ガラス温室よって、よりたくさんの光を浴びたメロンは徹底した品質管理のもとでキャリアの長い生産者の手によりつくられます。
選び抜かれた味をおとどけします。
こだわりのページへ
 
足守メロン
 
メロンの知識
足守メロン
岡山市足守地区の温室メロンの生産は昭和6年に始まり、現在では岡山を代表する特産物の一つ「足守ブランド」として全国に出荷しています。
特長としては晴れの国岡山で育てるため、日照時間が長く、とろけるような甘さ、そして上品な香りが特徴です。ガラス製の温室で一本の苗から一つのメロンだけを栽培しています。全国でも数少ないベンチ栽培を採用。水はけがとてもよく、夜には涼しく、メロンにストレスを与えることによりおいしいメロンに仕上がります。
 
  4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  
                   
足守メロン