岡山県青果物販売株式会社
 
桃太郎トマト
甘みがあってずっしり重い、桃太郎トマト

「三宅信弘」の桃太郎トマト
三宅さん
桃太郎トマト生産農家 「三宅信弘

”トマトに学ぶ事がたくさんある”と語る三宅氏。彼の作り出すトマトは愛情をたっぷりと注がれた甘みと酸味のバランスの良くとれたおいしいトマトです。
人間と同じように疲れたときには栄養を耐えてあげる、そして働き過ぎの時は少し休んでもらう、そうするとトマトは人間と違い嘘をつかない。やってあげた事がきちんと次の日の結果に現れると職人は語ります。優しさのたくさん詰まったトマトです。

こだわりのページへ
 
桃太郎トマト
 
桃太郎トマトの知識
桃太郎トマト
桃太郎トマト (5月上旬〜11月末)

言わずと知れたトマトの中でも最も有名な品種です。すっきりした酸味と甘み、そして完熟しても皮、果肉もしかりしているので日持ちがよいのが特徴です。
自慢のトマトは夏でも涼しく、水はけの良い土地。昼、夜の温度差が大きい岡山の高梁市の特徴を生かした栽培をしています。
現在日本では桃色系のトマトは香りが弱く甘みがあるため生色用としては圧倒的に人気があります。

 
 
  4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  
                   
桃太郎トマト